Ball Specs

DV8 Activ8

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Black/Silver/Purple
  • Coverstock: Composite Fang Hybrid
  • Weight Block: Activ8
  • Factory Finish: 500, 1000, 1500 Siaair /Crown Factory Polish
  • Flare Potential: Medium
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.500; 15lbs – 2.514; 14lbs – 2.531
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.040; 15lbs – 0.040; 14lbs – 0.040

ボール評価

StrokerTweenerCranker
Oily
Medium
Dry
Sport
スポンサーリンク
ボウリング神話を壊せ パート5 ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

 

ボール説明(サンブリッジ)

新たに構築されたミッドクラスを超越した完全体!躍動感あふれる走りとキレを備えた新生・DV8の「ACTIV8™」!

トーナメントにおけるボールラインアップの重要度は非常に高いという認識はボウラーの間では至極当然に語られている昨今の状況に、DV8より朗報が届きました。

昨年よりいわゆる中間以降でよりスコアメイクを行うために研究が継続されておりましたが、ついにその結実ともいえるミッドクラスの雄「ACTIV8™」が発売されることとなったのです。

パターンターゲットとしてミディアムからドライに主軸を置き、スムーズなスキッドとコントロール性に長けたフックモーションの両立を目指し完成したこの「ACTIV8™」は、 リシェイプを幾度も重ね完成したコアシステムにハイパフォーマンスボールでも多くの種類に使用され続けている元祖コンポジット系の亜種である「コンポジットファング」のパール配合を調整したハイブリッドカバーを使用し、抜群のフックモーションと高いコストパフォーマンスを共に実現させた自信作が誕生したのです。

前述のように、幾度もの組み合わせ調整を行うことにより引き出されたDV8のコアテクノロジーのポテンシャルも大いに底上げされ、オイルゾーンではクリアで長めのスキッドにより長尺のレングスを作り出し、ドライエリアでの反応速度も非常に速く反応するため切れの良いアグレッシブなバックエンドリアクションを実現しています。

つまるところ、オイルパターンを読み取る上でもオイルの濃淡をいち早く感じることができることで、トーナメントやリーグ戦の後半戦だけでなくオイルの薄めなハウスコンディションにおいてもその性能を十二分に発揮することでしょう。

いわゆるスキッドスナップモーションでありながらもバックエンドの動きに関してはとても視認しやすく、コントロールしやすい点もこの「ACTIV8™」の持ち味なのです。

単にプロパフォーマンスやハイパフォーマンスボールのサポート役としてではなく、この「ACTIV8™」は個としても非常に際立つ存在感を備えており、様々なボウラータイプにマッチする、まさに完成されたミッドクラスボールとなることを確信しています。

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

スポンサーリンク
ボウリング神話を壊せ パート3&4 ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

国内

優勝者

 

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク