Ball Specs

Motiv Jackal Legacy

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Red/Black
  • Coverstock: Coercion™ MXC Solid Reactive
  • Weight Block: Predator V2
  • Factory Finish: 2000 Grit LSS
  • Flare Potential: High
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.48; 15lbs – 2.47; 14lbs – 2.51
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.047; 15lbs – 0.054; 14lbs – 0.049
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.013; 15lbs – 0.015; 14lbs – 0.014

ボール評価

 StrokerTweenerCranker
 Oily9.09.09.0
 Medium8.58.07.0
 DryNANANA
 Sport8.07.57.5
スポンサーリンク
入射角度の判断: ローテクとハイテクを用いた解決策 ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

  • Jackal Legacyは大量のオイルでも問題なく、あらゆる回転数のボウラーにトラクションを提供します。
  • レーン前方に十分なオイルがない場合、ボウラーのスタイルによっては、バックエンドに十分なエネルギーを維持させるために、レーン表面の調整が必要となる場合があります。
  • Jackal Legacyはジャッカルのラインナップに、よりトータルなフックを追加したモデルとなります。このボールはForge Flareよりも強いダウンレーンの動きとトータルフックを求めるボウラー、Jackal Flashよりも滑らかな動きを求めるボウラーにおすすめ出来るボールとなっています。

ボール評価(アメリカンボウリングサービス)

MOTIV社で今まで作成された中で最強のカバーストック搭載。そう謳われて発売されたForge Flareは圧倒的なキャッチ力を生み出し、他のヘビーオイル用のボールで手前のオイルを感じるのを嘲笑うかのように噛む素材でした。

驚きはそれほど手前のキャッチを強力にしても、しっかりとバックエンドの動きが出るように仕上がっており、ABSで取り扱うすべての銘柄でキャッチが最強かつ奥も動きがだせるボールとして発売されました。

正直Forge Flareを投球した一投で、”このカバーストックでジャッカルを作ったら敵なしのボールになる”と思った矢先、本当にこのCoercion MXC(MaXimum Continuation)Solid ReactiveとPredator V2コアとの最強のタッグが実現しました。

表面仕上げは無論Forge Flareと同じ2000 Grit LSS仕上げで、これは投げなくとも”性能保証”と断言できるほど文句なしの仕上がりです。

同じカバーストック同士のJackal LegacyとForge Flareを比較投球しましたが、対称コアと非対称コアの特性が色濃く出ているように感じます。

やはりJackalのPredator V2コアのほうがForgeのDetonatorコアよりHookに入るのが早く、より中盤から軸移動しているのがわかります。

わたしにとってラインを取るイメージとしてブレーキングするボールは安心感がありますので、よりオイルが多く感じるコンディションで無類の性能を発揮する仕上がりであり、ジャッカル史上最強のボールがここに誕生した興奮感があります。

Jackal CarnageやJackal Ghostなど歴代伝説を作ったキャッチ力を発揮した猛者たちも、このJackal Legacyの前では無論及びもしません。

これほどのキャッチ力と動きがあるのならば、前評判だけで即日完売が予想されます。ヘビーオイル用として、またロングコンディションで有効に使用できるでしょう。また同じカバーで先の動きが協調されているForge Flareも候補に入れて考えても良いでしょう。

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

国内

スポンサーリンク
ボール表面仕上げの管理: ゲーム改善に向けた初級&上級テクニック ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

優勝者

 

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク