Ball Specs

Brunswick Zenith Pearl

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Purple/Red/Blue
  • Coverstock: A. X. H. (Activator Xtreme Hook) Pearl Reactive
  • Weight Block: Zenith
  • Factory Finish:  500 Siaair/Crown Factory Compound/Crown Factory Polish
  • Flare Potential: High
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.498; 15lbs – 2.485; 14lbs – 2.502
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.045; 15lbs – 0.052; 14lbs – 0.052
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.016; 15lbs – 0.019; 14lbs – 0.019

ボール評価

StrokerTweenerCranker
Oily6.06.08.0
Medium9.08.08.1
Dry8.08.58.2
Sport6.05.05.0
スポンサーリンク
私のタイミングを見かけませんでしたか?: クランカーもあの頃とは違います ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

  • Zenith Pearlはボウラーが必要とするスキッドを提供します。このボールは常にクリーンなスキッドを提供してくれるので、ミディアムからドライなコンディションでのオプションとして、また、強いボールが早くフックし始めた時の補完としても有効です。
  • ボックスフィニッシュのゼニス・パールはオイルに弱く、オイルの壁がキツいコンディションでは過敏に反応してしまいます。また、ドライ時の方向転換が激しいため、ボックス仕上げのフラットなスポーツパターンでは使いにくいです。
  • Zenith Pearlは初代Zenithと比べて反応形状が大きく異なります。このボールはトータルフックではZenithとKnock Outの下に位置し、スキッドの長さとダウンレーンでの方向転換がより強くなっています。

ボール説明(サンブリッジ)

「ZENITH」の絶頂はまだまだ終わらない!至高のコントロール性能と究極のアグレッシブバックエンドの融合!

昨年発売されたブランズウィックのフラッグシップモデルに待望のパールタイプモデルがリリースされました。 究極のボールパフォーマンスは全米のみならず、この日本国内でも日に日に評価を上げている初代のゼニス™でありますが、やはりソリッドモデルでは手の届かない部分をカバーするために完成したこの「ゼニス・パール™」のボールパフォーマンスは期待を裏切ることのない仕上がりとなりました。

手前のオイルゾーンでのキャッチ力とバックエンドでの動きを誘発するためにベストな状態で調整された「A.X.H.」マテリアルに計算され尽くし、テストを繰り返すことで最適な配合バランスに整えられたパール粒子により完成したこのパールタイプ・リアクティブカバーと、 初代より継承している「ゼニスコア」との設定がまさにベストバランスになっており、投げ手のボウラーを唸らせる完成度です。

パール素材でありながらオイルの中での強さを感じられ、安定した転がりをそのまま最大級といっても過言ではない非常にアグレッシブなバックエンドリアクションを生み出す結果となり、ある程度オイルの多いコンディション下においてもフックイメージを取りやすくコントロール性に優れている点も魅力です。

また、ゼニスシリーズはボウラータイプを選ばず、常に安定したパフォーマンスを提供できるというのも最大の特徴で、今作においても、インサイドからワイドなアングル、タイトに絞られたラインにおいてもこの「ゼニス・パール™」のポテンシャルは一段上の輝きを放ちます。

アグレッシブという言葉がこれほど似合うボールが、かつてあったかというような衝撃を感じておりますが、どのようなラインイメージでも安心して投げられる安定感をも持ち合わせたこの究極のパールタイプのゼニスは、まさにあなたのボウリングを天頂へと導いてくれる絶対的な存在になると確信しております。

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

スポンサーリンク
ボールはどのようにしてピンの間を通るのか ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

国内

優勝者

 

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク