Ball Specs

Brunswick Zenith Hybrid

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Black/Ice/Smoke
  • Coverstock: A. X. H. Hybrid (Activator Xtreme Hook)
  • Weight Block: Zenith
  • Factory Finish:  500, 1000, 1500 Siaair Micro Pad
  • Flare Potential: High
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.498; 15lbs – 2.485; 14lbs – 2.502
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.045; 15lbs – 0.052; 14lbs – 0.052
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.016; 15lbs – 0.019; 14lbs – 0.019

ボール評価

StrokerTweenerCranker
Oily9.99.59.5
Medium9.58.07.0
DryNANANA
Sport8.58.07.5
スポンサーリンク
ハウスコンディションで練習する: イージーなコンディションで訓練する方法 ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

  • トータルフックとダウンレーンの持続性がZenith Hybridの大きなセールスポイントです。このボールはフレッシュヘビーパターンを容易に扱うことができ、ダウンレーンに十分なエネルギーを残しているので、オイルが切れたときに角度をつけてピンヒットすることができます。
  • このボールの強いカバーストックと、ダルボックス仕上げは、特に高回転のボウラーが効果を発揮するためにはある程度のオイル量が必要です。Zenith Hybridでフックしすぎたり、早く曲がり始めたりした場合、Zenith PearlやMelee Jab Midnight Blueにボールダウンすると良いでしょう。
  • Zenith Hybridはオイルへの対応力と、トランジッションの際にオープンなラインで攻めためにインサイドに移動しても、効果を発揮することができる能力を有しています。低回転ボウラーやヘビーオイルでよくボウリングをする人は、このボールの良さを実感することができるでしょう。

ボール説明(サンブリッジ)

絶頂たる真髄を顕現する待望のハイブリッドモデル!シリーズ最大のフッキングパワーを解放した完全版「ゼニス」が上陸!

ボールパフォーマンスを決定づけるカバーストックの中でも攻守においてバランスの良いハイブリッドタイプが多く発売されておりますが、 パールとソリッドの配合比率の調整が言わずもがな、最もむずかしいのもまた事実なのです。 ベースとなるカバーストック「A.X.H.」は数百種類の中から厳選された粒子を緻密に組み合わせることで誕生したブランズウィックの中でも完成度の高いカバーストックではありますが、今作「ゼニス・ハイブリッド™」の開発にあたり、これまで以上の多くの試作を重ねて黄金比ともいえる配合比率を見つけ出し完成した自信作なのです。

ある意味、強すぎても弱すぎても目指すパフォーマンスには辿り着くことはできないという極限の状況から生み出されたこの「ゼニス・ハイブリッド™」は、これまでのシリーズでリリースされてきたものとは明らかに一線を画し、 視認できるフックモーションの曲がり幅としては最大のパフォーマンスを提供してくれます。

コアシステムにはこれまでを通じて採用されてきた「ゼニスコア」に高反発テクノロジーのダイナミコアを配し、 滑ることなく、走り過ぎることもなく、そして、ブレイクポイントでのブレのない程のしっかりとしたレスポンスを生み出してくれる安心感が持てるバランスの良いグリップ力を誇る「A.X.H.ハイブリッド」カバーストックとのマッチングはまさに絶妙であり、最大のトラクション効果を引き出し、創り出されるフッキングは数多のボウラーが真に望むイメージ通りのものとなることでしょう。

推奨オイルパターンとしては「ミディアム〜ミディアムヘビー」ですが、究極ともいえる抜群のボールバランスは操作性をより向上されているため、さらに幅広いシーンでの使用を可能にするポテンシャルを秘めております。

サンブリッジの誇るテスターたちも満場一致でお勧めするこの「ゼニス・ハイブリッド™」は、これまでの「ゼニス」シリーズ同様、完売必至の大注目作ということで、お早めに手に入れていただくことがあなたをより勝利に近づけるカギとなることでしょう。

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

スポンサーリンク
試合に向けたレーンプレイの準備: 自分の苦手なレーンプレイとスキルを評価する ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

国内

優勝者

 

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク