JPBA

第43回STORMジャパンオープンボウリング選手権 | 優勝 加藤祐哉

スポンサーリンク

 

開催要項

  • 期 日:  2021年10月7日(木)~10日(日)
  • 会 場: ヤングファラオ(OD 60L ウッドレーン)
    〒381-0034 長野県長野市高田字久保1174
    TEL.026(221)2356 / FAX.026(221)1778
  • 主 催: 公益社団法人日本プロボウリング協会
  • 特別協賛: 株式会社ハイ・スポーツ社
  • 後 援: 長野県 / 長野県教育委員会 / 長野市 / 長野市教育委員会
  • 協 賛: 株式会社N&K / 公益社団法人日本ボウリング場協会 他各社
  • 協 力: 公益財団法人ながの観光コンベンションビューロー
  • 公 認: 公益社団法人日本プロボウリング協会
  • 資 料: 開催要項 オイルパターン

予選前半

1位 田坂大輔、2位 山野弘喜選手、3位 加藤祐哉。【予選・前半成績】

ダブルス戦前半

相澤英昭・小林 遼チームが1位。2位、3位に佐藤貴啓・東海 純チーム、川添奨太・吉田大祐チームが続く。 【ダブルス・前半成績】

予選後半

1位 笹田泰裕、2位 平山陽一、3位 田坂大輔、上位78名が準々決勝へ。【予選・後半成績】

ダブルス戦後半

 1位 吉田文啓・林 元輝チーム、2位 相澤英昭・小林 遼チーム、3位 和田秀和・田野岡大夢チーム。【ダブルス・後半成績】

スポンサーリンク
試合に向けたレーンプレイの準備: 自分の苦手なレーンプレイとスキルを評価する ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

準々決勝前半

1位 アマチュアの東海 純選手、2位 田坂大輔、3位 玉井慎一郎、4位 平山陽一、5位 土方 捷。【準々決勝・前半成績】

準々決勝後半

1位 アマチュアの東海 純選手、2位 吉田文啓、3位 平山陽一、4位 土方 捷、5位 アマチュアの佐藤宇宙選手。上位45名が準決勝進出。【準々決勝・後半成績】

準決勝前半

1位 川添奨太、2位 アマチュアの東海 純選手、3位 平山陽一、4位 吉田文啓、5位 アマチュアの佐藤宇宙選手。【準決勝・前半成績】

準決勝後半

川添奨太、平山陽一、永野すばる、土方 捷、吉田文啓、山本 勲、加藤祐哉、山下昌吾の8名が決勝ダブルエリミネーションに進出。【準決勝・後半成績】

決勝

ダブルエリミネーション組み合わせ表

優勝者

加藤祐哉


最終成績

使用ボール

ベストアマ

佐藤宇宙 選手

300, 800, ⑦-⑩

7-10スプリットメイド達成者
公認166号 予選7G目(8フレ 17L)

水野耕佑(56期 No.1384 アイキョーボウル)


 

スポンサーリンク