Ball Specs

900 Global Reality

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Magenta / Aqua / Midnight Blue
  • Coverstock: S84 Response Solid
  • Weight Block: Disturbance Asymmetric 
  • Factory Finish: 2000 Abralon
  • Flare Potential: High
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.48; 15lbs – 2.49; 14lbs – 2.50
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.052; 15lbs – 0.052; 14lbs – 0.052
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.018; 15lbs – 0.018; 14lbs – 0.018

ボール評価

StrokerTweenerCranker
Oily9.79.79.8
Medium9.08.58.7
DryNANANA
Sport8.08.08.5
スポンサーリンク
ブライアン・ボスのベアボーンボウリング

強み・弱み・総評

  • Realityはミッドレーンでのトラクションとダウンレーンでの継続性を兼ね備えているため、あらゆるスタイルのボウラーが無理なくフックさせることが出来ます。
  • Realityはライトオイルやショートオイルのパターンでの使用を想定して設計されていません。レイアウトによっては、このようなコンディションでも使用出来ますが、ライトオイルでの使用は明らかにこのボールの目的ではありません。
  • Realityは900グローバルシリーズの中で最も新しいフックモンスターです。Aspectよりも曲がりに角があり、全体的にフック感があるので、ミディアムやヘビーオイルパターンの移行時に、より長く使用することが出来ます。

ボール評価(アメリカンボウリングサービス)


900Global社の生産拠点がユタ工場に一本化されてから、特に力を入れて導入されているS84系のカバーストック。

900Globalの中で最も実績と信頼性の高いS74Rカバーストックの上位レベルとしてリリースされてきていて、先月リリースされたZENやこのEALITYもしかり、新しいカバー領域でもあり、コア形状も全くの新開発のものが続々登場してきています。

まず検証したいのはREALITYの性能のベースとなるS84 Responce Solid Reactiveと新しく作られたDisturbance Asymmetric Coreのことでしょう。S84領域は先月発売されたZENのS84R Pearl Reactiveと領域は同じですがResponce系のSolidリアクティブで、フロントエリアで厚いオイル量にも対応可能です。

心臓部に収まったNew CoreのDisturbance Asymmetricは見た目もヘビーウエイトの作りで、手前の転がり感と大きなネジレが発生出来るように意図して開発されました。

持続性のある転がりはボールリアクションにも表れ、しっかりとブレーキングするカバーストックと持続性の転がりがあるコアは、オイルの中を転がり続け、ピンヒットまで動き続けます。

投げた印象は、カバーストックのS84 Responce Solid Reactiveはキャッチもするけどエネルギーが先まで残るイメージがありました。イメージを残せられるからこそ”Responce”という名称なのでしょう、逆にオイルが薄すぎると手前で噛みすぎ失速傾向もみられます。

性能を活かすのであれば手前はしっかりしたオイル部分を使い、奥までのエネルギーを残せるライン選択の必要性も感じました。

シンプルにスピードが早めの方で曲がりのトルクが欲しい方にはキャッチと曲がりの安定感を感じて頂けると思います。

急激に動きがでたり先でキレるイメージとかではなく、転がりの強さや転がりの持続性を特徴とし、カバーの強さとコアの強さを活かせる仕上がりです

徳江和則

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

スポンサーリンク
試合に向けたレーンプレイの準備: 自分の苦手なレーンプレイとスキルを評価する ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

国内

優勝者

2021.10.28
Julia Bond PWBA Pepsi Open 優勝
900 Global Reality & Storm Dark Code 使用

2021.05.18
Julia Bond USBC Queens 優勝
900 Global Reality 使用

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク