Ball Specs

Roto Grip RST X-2

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Tanzanite
  • Coverstock: eTrax Plus Pearl Reactive
  • Weight Block: Roto Star Tour Core
  • Factory Finish: 1500-grit Polished
  • Flare Potential: High
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.52; 15lbs – 2.53; 14lbs – 2.55
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.049; 15lbs – 0.053; 14lbs – 0.053
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.015; 15lbs – 0.016; 14lbs – 0.016

ボール評価

StrokerTweenerCranker
Oily8.58.58.5
Medium9.89.89.8
DryNANANA
Sport6.07.07.0
スポンサーリンク
ボールスピードの調節法: ボールスピード調節の重要性と研究をベースにしたボールスピード調整法 ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

  • RST X-2は、光沢のあるパールカバーボールとしては、これまでにないオイル中でのキャッチ力と、鋭いバックエンド・モーションを提供します。ボウラーのスタイルによっては、ヘビーオイルコンディションで効果を発揮させるためには、多少の表面加工が必要になるかもしれませ。RST X-2はスキッド、バックエンドモーション、トータルフックの見事なコンビネーションを実現しています。
  • RST X-2は、パール・カバーを採用していますが、ドライなコンディションには向いていません。また、強いコアとカバーストックを使用しているため、ボールスピードが遅い人には難しいかもしれません。
  • RST X-2はRST X-1のパールバージョンで、スキッド/フリップの反応を補完してくれています。RST X-2は、RST X-1にパール加工を施したもので、スキッドやフリップなどの反応がよく、どんなスタイルのボウラーにも対応できるボールです。

ボール説明(ハイ・スポーツ社)

レーン手前から中盤への適度な摩擦係数を生みながら転がり感も保ちつつ直進する性能を持ち、軸移動も細かい移動を見せるのでレーンドライ部分での過度な反応が無く、ピンに寄るような曲がりが演出されます。

ロトスターツアーコアは回転維持力が強いので、バックエンドでしっかりした曲がりからピンに弾かれる事の無いピンアクションを見せます。

初代RSTがボールオブザイヤーに選ばれるのも扱い易さとピンアクションが認められた結果と言えるでしょう。

バックエンドコントロールにおいてとても優秀な製品で、ロトグリップを象徴する製品にふさわしいボールの誕生です。

レーン手前の直進性を増す為に通常パール素材を用いる事は多いのですが、ROTO の基本コンセプトである”投げ易さ”に拘りを求めた時には、レーンドライ部分での過度な摩擦力は「跳ね返り」が強く、バックエンドでのコントロール性能を失います。

ピンを飛ばす為に入射角度を出すと言う考え方には賛否両論あり、コア性能を高める事でそれを補います。

今回の様に「走り・ストロングアーク」というボールは市場には余り多くありませんので、ドライが強いレーンには最適です。

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

スポンサーリンク
「ナーヴ」目指せ!合計-8cm美脚体験【エルセーヌ】 脚がやせにくい原因にアプローチ!血行不良・冷え・筋力低下をケア![70分フルコース]

国内

優勝者

2021.12.04
姫路 麗 大岡産業レディース[THE OPEN]トーナメント 優勝
Roto Grip RST X-2 使用



2021.10.26
Stephanie Zavala PWBA Reno Classic 優勝
Roto Grip RST X-2 使用


 
2021.08.31
Josie Barnes 2021 U.S. Women’s Open 優勝
Roto Grip RST X-2 & UFO Alert 使用

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク