Ball Specs

Motiv Pride

スポンサーリンク

 

スペック

  • Color: Orange/Black/Grey
  • Coverstock: Coercion UCS SOlid Reactive
  • Weight Block: Asymmetrical
  • Factory Finish: 4000 Grit LSS
  • Flare Potential: 5″ +
  • Radius of Gyration (RG): 16lbs – 2.49; 15lbs – 2.50; 14lbs – 2.52
  • Differential (Diff): 16lbs – 0.041; 15lbs – 0.042; 14lbs – 0.043
  • Intermediate Differential (Diff): 16lbs – 0.010; 15lbs – 0.010; 14lbs – 0.011

ボール評価

 StrokerTweenerCranker
 Oily9.07.09.5
 Medium9.89.89.8
 Dry8.58.57.0
 Sport8.08.08.0
スポンサーリンク

VAR-E システム: アクシスローテーションを変えてボールモーションを変化させよう ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

強み・弱み・総評

  • Prideは最高のボールです。表面仕上げは箱出しの状態で非常に汎用性が高く、様々なスタイルのボウラーにマッチします。また、表面調整でより多くのレーンコンディションに対応することができます。
  • Pride の弱点はほとんどありません。ボウラーによっては、もっとキレが欲しいと思うかもしれませんし、メンテしたてのドライパターンにはフックが強すぎると思うかもしれません。しかし、これらはPrideの性能の良さを考えると非常に小さい問題です。
  • MotivはPrideですばらしいベンチマークボールを製造しました。Prideは他のボールを補って、ボールラインナップを完全なものにします。レーンの変化を容易に捉えることができ、様々なコンディションに対応しています。バックから最初に取り出すボールとして最適です。

ボール評価(アメリカンボウリングサービス)

ヘビーオイル用でJACKAL、ミディアムヘビー用でTRIDENTとあるように、MOTIV社は各領域でシリーズを確立しています。

今回リリースするPRIDEは、ミディアムオイル領域で新たなシリーズとして立ち上げられ、Dominion Coreと言われる新型のコアとCoercionカバーストックに新たな添加剤を加えられたCoercion UCS(Ultimate Continuation Solid)と名付けられた最新のリアクティブが搭載された新しいテクノロジー満載のボールです。

ミディアムヘビー用でFORGE FLAREが同じCoercionカバーテクノロジーでもMXC(MaXimum Continuation)Solid Reactive でしたが、それよりもキャッチを活かしながら走りを感じさせ、より奥の角度をだすことをコンセプトにUCSカバーストックは仕上げられました。もちろん最新のDominion Coreとの組み合わせで独自の仕様であることは間違いなく、このコアあってのこのカバーストックの組み合わせと言えるでしょう。

投球してみると、手前のオイルのキャッチを感じさせながら程よいスキッドを感じられ、バックエンドでコアの起き上がりがキッチリ見えました。

PRIDEはRIPCORDE VELOCITYと同じミディアムオイルの領域なので、掴み過ぎないけど程よくキャッチさせ、エネルギーを奥まで残すことを重点的に意識したのだと思います。オイルに弾かれる感じは全くありませんし、ミディアムオイル対応よりはもう少し上の領域でも良いと思うぐらい、オイルキャッチとバックエンドの起き上がり方が強く、ピンヒット時に押し込む強さを感じるのもPRIDEの良い部分だと思います。

箱出しからもう少し表面の番手を下げて投球するとオイルにはなお強くなりますし、奥の動きを弱めることなくキャッチだけを強めることができるので、MOTIVの新たなブランドとしてメインボールとしてバッグに入れる価値は十二分にあると思います。

徳江和則

メーカー・代理店リンク

YouTube 動画

メーカー

海外

国内

スポンサーリンク

試合に向けたレーンプレイの準備: 自分の苦手なレーンプレイとスキルを評価する ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

優勝者

 

トータルフック比較

バックエンド比較


スポンサーリンク